歯科と歯が欠けたときの対処

歯が欠けたり折れたりすることは、そんなに頻繁に起こることではないものの、本員としては驚く出来事になります。

考えられる原因としては、シンプルに何かにぶつけたことは、キッカケになります。虫歯がすすむことで、歯はもろくなります。もろくなったら、歯は欠けやすくもなります。歯に力を入れてしまうのも、原因になります。歯が欠けてしまったら、かけらを探しましょう。

その欠けてしまった歯を忘れずに持って、歯科医院へ行くことです。運がよければ、歯科用の専用接着剤で歯に付けることができるかもしれません。もしも根っこから折れたならば、感想をさせないよう水などにつけて歯医者へ持参をしましょう。

欠けた歯の部分が小さいなら、欠けたところはレンジの材料を使うことで修復を行います。逆に大きな歯の欠けであるときで、歯の神経部分がすでに露出をしていれば、まずは神経の処置をする必要があります。状態によっては、神経を取る処置をすることがあります。

歯の欠けたものを持参して、歯科用の接着剤で付けることができますが、ない場合でも対処ができます。大きい欠けには、被せものの差し歯などを使って修復を行うこともあります。歯の根っこ部分が折れた場合は、丁寧な消毒から治療を始めます。

神経のある根っこ部分の清掃や消毒をおこない、破折したところは専用の材料で埋めていきます。根管治療で炎症や痛みが治まったところで、根の部分に薬剤を詰め込みます。それから、詰め物や被せものをします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です