歯科と抜いたほうが良い親知らず

虫歯になりやすい歯の代表とも言えるのが、一番奥でひっそりと生える親知らずです。

親知らずが虫歯になって、歯科医院へ駆け込むこともあります。虫歯になった親知らずは歯科医院でも、ひどい状態なら抜くこともあります。では親知らずは全て抜く法が良いかというと、歯科医院ではすべて抜くということは安易にはしません。

親知らずは抜いた方がいい、というイメージを持っているかもしれません。すべての親知らずを抜く必要は無く、上下がキレイに生えている状態なら、そのままで問題がないのです。親知らずは最も奥に生える歯であるために、歯磨きがしにくいので、虫歯になりやすいという難点があるだけです。顎の骨の内側に埋まっており、特に痛みがないなら、それも抜くことはありません。

人間の顎のサイズは変化していると言われており、現代人の場合は、あごは小さくなっています。サイズがコンパクトになったために、親知らずが生えるためのスペースが狭くなっているのが現状です。

親知らずを抜いたほうが良いケースというのは、横倒しとか斜めに歯が生えている場合です。まっすぐに生えていないことで、歯ブラシをしても隙間まで磨くことができません。汚れが蓄積して衛生を維持しにくくなり、虫歯ができやすくもなりますし、歯茎には炎症が起きてきます。

素直な生え方は不得意な場所ですから、横の歯を圧迫してしまい、歯並び自体にも影響することがあります。そういったパターンでは、抜歯も検討することもがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です