歯科と歯がしみるときの対処

歯がしみると感じたら、それは知覚過敏の症状から、歯科での治療をすることです。

口に入れたもので冷たいものがしみる場合なら、虫歯が出来ていて歯には穴があいていることが考えられます。口内での歯周病が進んでいるために、象牙質が露出をしている事もあります。歯の表面にあるエナメル質が、なにかの原因で剥がれている可能性があります。

熱いものがしみると感じる場合は、神経とか歯の根元に炎症が来ているのかもしれません。歯髄炎や、根尖性歯周炎などです。過去に神経を取る治療をしており、感染した細菌や神経を、全部取り除くことができなかった可能性もあります。

原因が知覚過敏の場合であれば、歯磨き粉を選ぶことです。乳酸アルミニウムや、硝酸カリウムを含む歯磨き粉を、日々の歯磨きに使用することで、歯髄へ伝わる刺激をわずかでも和らげることもあります。歯がしみる症状の原因はさまざまなので、対処法が異なります。

歯科医院を受診して、対処法とおしても適切な歯磨き指導を受けるのも良いでしょう。虫歯が出来ていたり、歯周病の場合で熱いものがしみる時には、できるだけ早く近くの歯科医院にいくことです。ひどくなると治療期間も長くなりますし、費用もかかります。

しみる症状が出てしまうと、ほとんど自然に治ることはありません。症状を放っておくと、痛みや口内の状態もさらに悪化します。おかしいなという症状が出たら、すぐに歯科へ受診しておくとよいでです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です