口内炎ができたら歯科へ

口内炎ができた原因としてあるのは、唇や口内に傷をつけたことが理由かもしれません。

歯の病気ではないので、歯科医院を受診するべきかは迷うところでしょう。口内炎は、歯科医院を受診して適切な治療をすることができます。歯間ブラシや歯ブラシで粘膜に傷をつけてしまったり、唇や内側を噛んだりすると、口内炎ができやすくなります。

疲れがたまっていたり、不規則な生活をしていると、これも口内炎ができやすい状態になります。食事の栄養素は直結な部分があり、偏りのある食生活は口内にも不調のサインを発信しやすくなります。栄養素ではビタミンAやビタミンB2、ナイアシンやビタミンB6の不足によっても、口の中には口内炎が出来やすくなります。

口内炎は衛生面にも関わるので、口内が不衛生だとできやすいです。歯磨きをしないままなど、口内を不衛生な状態にすると、口内では細菌の繁殖が増加してしまうので、口内炎へと向かいやすくなります。口の中にカビ菌やウィルスが感染しているのも、原因となります。

カビ菌はカンジダなどがあり、ウィルスはヘルペスなどです。アレルギーがきっかけであることも考えられます。金属アレルギーとか、医薬品や食品がアレルギーを起こすケースです。

できるだけ早く歯科医院へ行くことですが、すぐには行けないなら、自宅でできる対処法で、液体の薬や専用の軟膏を患部に塗布します。口内炎を貼り薬カバーすることになるので、外部の刺激より、一時的に保護がされます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です