歯科で働いている医者以外の人たち

個人歯科で治療してもらう場合、必ずしも歯科医がつきっきりで診てくれるとは限りません。

診察する場所がいくつかあって、複数の患者が同時にいる場合もあるからです。歯科医に診てもらえない時間は、ただ座って時間を潰すということもありますが、歯石除去などをすることもあります。

では、歯石除去をする人はどういう立場なのかというと、歯科衛生士と呼ばれる人です。彼らは医者ではないので、麻酔をかけて器具を使って虫歯の治療をしたり、あるいは歯を抜くということは出来ませんが、歯石を取ることは可能なのです。

普段から歯石を取っているので、歯石を取ることに関してスペシャリストと言えます。なので、新人でない限り、医者ではないから、歯石の取り方がうまくないということはまずありません。ただ、歯肉より上にある歯石だけでなく、歯肉と歯の根元についているような深い位置の歯石を取る場合は、患者が痛がってしまうので麻酔をかけないと無理という場合もあります。

そういった場合は、衛生士ではなく、医師が麻酔をかけて歯石の除去を行うことになります。歯医者にはほかに、歯科助手という立場の人がいます。この人たちは衛生士と違って、診療行為のサポートをすることができないので、歯石を取ることはできません。

では、どういった仕事をしているのかというと、たとえば、受付だったり、器具の清掃や準備などを行っています。歯医者での雑用を担当している人ということになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です