歯科検診で初期虫歯を発見することの重要性について

現在、乳幼児から高校卒業まで学校での歯科検診は充実していますがその後からの成人に関して歯科検診は法制化されていないため長い間、歯医者に行ったことがない人も多いです。

1年に1回は最低でも歯科健診を取り入れることによりお口の健康を保ち生涯自分の歯で食べられる事で生活の向上や充実につながります。歯医者に行く理由は歯がズキズキ痛む、歯茎が赤く腫れている、歯茎から出血している等の症状があった際に受診する人が多いです。

多忙な生活においてなにも症状もないのにわざわざ病院へ行こうなどと考える人は少ないです。健康診断、がん検診ほど歯科検診の重要性について意識も低いです。しかしながら歯科に関しては上記のような症状がなくとも定期的に検診を受けたほうが良い理由があります。

鏡を見てセルフチェックでは見つけることが難しい初期虫歯を発見できます。セルフチェックでも目に見える黒ずんだ虫歯や痛みを感じるくらいの虫歯はすでに症状が進行しています。治療も短期間で容易な治療では済まない可能性が高くなります。

そうなると仕事中に休みをもらい通院するなど通院のために使う時間も増えます。更に進行した虫歯の治療は痛みを伴うものも増え、場合によっては局部麻酔をしてもらうなど費用もかかってきます。元々健康だった自分の歯への負担も大きくなってきます。

初期虫歯を早期発見することによるメリットを簡単に下記のようにまとめてみました。
•健診により虫歯、歯周病を早期発見することにより、その後の治療が短期間で済む
•口の中を健康に保つ意識が向上し、歯の寿命が延ばせる
•自分の口腔内の状態を把握し、歯磨きをはじめとして生活習慣全体を見直すきっかけができる

健康を維持するために、食事を楽しむために、健康な歯は大切です。健康診断や他のがん検診と同様に年に1度の検診と考え受診しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です