歯科という診療科目について

歯医者はどれも同じで、虫歯を削って詰める治療をするところだと思っている人が多くいますが、実際は異なります。

国により、歯医者の治療は4つの診療科目に分けられています。虫歯治療や歯周病、入れ歯などを扱うのは一般歯科です。いわゆる歯医者さんと聞いてイメージするものに当てはまります。

できれば行きたくないと感じるかもしれませんが、最近は医療技術の向上により、痛みの少ない治療が多くなっています。矯正歯科は、歯並びをきれいにするための治療をするもので、どのような治療をしているのかも分かりやすいです。

ワイヤーを歯にかけて歯を動かしていく治療法に加えて、透明なマウスピースを使った治療法も登場して、より患者さんが快適に治療できるようになりました。歯科口腔外科は、あまり身近な存在ではありませんが、その名の通りお口の中の外科治療を行います。

最も分かりやすいのが、親知らずの抜歯を行う治療ですが、腫瘍の切除や、粘膜の病気などにも対応してくれます。小児歯科はこどもを対象とした治療を行います。

乳歯から永久歯へ生え変わる大切な時期をサポートしてくれる存在で、虫歯を治すだけでなく、虫歯を作らない環境にするように適切な指導を行ってくれます。乳歯は虫歯になりやすいので、歯を強くするフッ素なども積極的に活用しています。

予防を大切にすることで、子供の頃から大切な歯を守り、大人になっても快適で健康なお口の状態を保つことができます。

三宮の歯医者歯こちらがおすすめです

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です