歯科医院と歯が痛む時の原因

何かをしたわけではないのに歯が痛い時には、早めに歯科医院で状態をみてもらうことです。

ズキズキと歯が痛くなるのは、なにか原因があってのことなので、症状が悪化しないうちに歯科医院での治療をしましょう。何をしたというわけでもなく歯が痛いのは、原因はいくつかが考えられます。

歯の神経をとった場合ならば、神経を取ると根っこに薬を詰めます。その薬などが原因となって、根の周辺に炎症を起こしていることも考えられます。

まだ神経の残っている歯であれば、歯の虫歯とか歯周病が進んでいるのが、痛みの原因となっているのでしょう。根っこや神経のまわりまで、その影響で炎症が進んでいると、かなりの痛みが出てきます。痛みはあってもすぐに歯科医院へ行けない時は、一時的な対処法を実行しましょう。

痛みがあっても、口の中は清潔にしておかないといけません。虫歯や歯周病など歯科医院へ行ってみないとわからないとしても、症状をそれ以上進行させない対処は必要です。

歯に食べかすが詰まったままとか、汚れを付着させたままはいけません。デンタルフロスや歯ブラシ、歯間ブラシを用意して、できる限り丁寧に汚れを取り除きましょう。

歯と歯の間や、歯茎の際までの汚れを可能な限り落として、ぬるま湯出口をゆすぎましょう。うがい薬を利用してもいいです。我慢ができないくらいの歯痛であれば、痛み止めの医薬品を飲んで一時的な対処とすることです。

ドラッグストアや薬局で調剤師に相談してみるといいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です