良い歯科医院を選ぶ時のポイント

自分の口腔内にトラブルがあった時は歯医者さんにかからなければなりません。

その時どういったところで診てもらえば良いでしょう。歯科医師として腕が良いのは当然として、それ以外のポイントを患者目線で幾つか挙げてみます。まずエントランスの雰囲気です。暗くていかにも入りにくい雰囲気のところはいけません。

歯科診療を受ける際は気分も沈みがちです。入り口に入りやすさがあるところを選ぶべきです。待合の雰囲気も同様に大切です。明るく清潔感があるところなら、落ち着いて診察までの時間を過ごせます。

また、スタッフの対応も重要で、明るく元気に話しかけてくれればそれだけで気持ちが軽くなります。口の中のことだけではなく、院内全体で患者の気持ちの不安まで取り除こうとする姿勢が見てとれます。

そういった教育がしっかりできている歯科医院の先生は信頼できます。もちろん、歯医者さん自身の対応も大事です。患者の話を聞かない先生はいくら技術があっても患者は安心して任せることができません。

一方的に話すのではなく、まずは患者の言うこと、不安、どうして欲しいかをしっかり聞いてから一緒に解決への方針を決めて行ってくれる歯科医師にこそ、大切な歯や口の中を任せられるというものです。

診療中も、痛み具合や不快感がないかなど声かけをしてくれれば安心です。診療が終わった後にもポイントはあります。

終わってさようならではなく、今日の治療についてや、次回以降の予定や治療完了までにかかる期間、費用などを説明してくれるかどうかです。これがあるとないとでは今後に対する安心感が全く違うものになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です