削らないで虫歯を治す 最新歯科治療

歯医者さんが苦手になってしまう理由として、もっとも大きいのが「恐怖」ではないでしょうか。

現代の歯科治療は非常に進歩していますし、サービスや処置への気遣いも十分な歯医者さんが多数います。それでもやはり、苦手意識を持ってしまう原因は、歯を削るということに対する抵抗感や、治療に使われるドリルなどへの恐怖心があるためかもしれません。

しかし、最新歯科治療では「歯を削ることなく虫歯を治す」方法も編み出されています。いやなドリル音などを味わうことなく、虫歯のない健康な歯にすることも可能なのです。まず、ドイツで開発された「ヒールオゾン治療」というものがあります。

ヒールオゾン治療は専用の機器を使用して、虫歯部分にオゾンを照射することで、効果的に殺菌することが可能です。削る部分を最小限に抑えることができない、神経を残せる可能性も増加します。

日本国内ではまだあまり普及していませんが、ヨーロッパやアメリカなどでは広まっている治療方法です。また、薬を使って虫歯を治す方法もあります。

とくに初期の虫歯であれば、全く削ることなく治療することも可能とされており、痛みに弱い方、歯科治療に対して恐怖の大きい方でも、安心して受けることができる方法です。

こうした「削らない」治療方法は、基本的には初期段階の虫歯に有効とされています。歯を削らずに済ませるには、日頃からきちんと歯医者さんに通って、早めの治療を心がけることが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です