歯がズキズキするときの歯科利用

歯がズキズキするときには、以下のような症状が考えられます。

虫歯が進行して歯の神経が炎症を起こしている場合、歯の神経が腐って炎症を起こしている場合、歯にヒビが入って折れたり炎症を起こしている場合、などです。

このような場合には、痛みがあるほうでは物を噛まないようにしましょう。できるだけ患部を清潔に保つようにして、鎮痛剤を飲んでみると良いです。これはあくまで一時的な対処法なので、なるべく早く歯科を受診するようにしましょう。冷たいものがしみるときには、ぬるま湯で口をゆすぐと、痛みが和らぐこともあります。

逆に熱いものがしみるときには、冷たい水や氷を口に含むと楽になります。歯が浮いたような感じがしたり、熱を持って腫れている場合には歯根膜炎が生じている疑いがあるので、身体を安静にして、患部に刺激を与えないようにしましょう。

どの場合も、痛み止めで一時的に楽になる可能性はありますが、根本的に治すには歯科を受診する必要があります。歯が痛いと感じたら、できるだけ早く歯科に予約をいれましょう。

今ではネットから予約することもできますが、電話で症状を直接話したほうがスムーズに治療に入れる可能性が高いです。初診の場合には必ず保険証を持参しましょう。

再診の場合にも、最後の受診から半年以上経っている場合には保険証の提示と問診票の記入を求められるので、治療開始時間よりも早めに受診すると良いです。痛みを放置しないことが大切です。

元町の歯医者ならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です