歯科が多いのはなぜでしょうか

街に出かけると良く分かりますが、たくさんあるお店と言うのは特に目に付きます。

美容院やコンビニなどが街に溢れるほどありますが、歯科もかなり多く目にする機会があるのでとても不思議になっている人も多いのではないでしょうか。コンビニよりも多いと言われているほどの数があるので、いざ自分が診察をしてもらおうと思ったらどこを選べばいいのか分からないという人もいたぐらいです。

昔は歯科の数が不足していて、日本国民が虫歯の患者が溢れてしまったという時代もありました。その状態を解消しようと育成を進めた結果、いつの間にかどこを見ても歯科だらけというような状況になってしまったのです。

増えた結果によって診察してもらう機会も増えましたし、個人でも歯の健康状態を保つために日々の努力を重ねていますから、今度は逆に余ってくるというような自体にもなってしまったのです。需要と供給のバランスが崩れてしまっているため、収入も右肩下がりだというような意見も少なくありません。

もちろん利用する患者側としてはそうした歯科の収入云々とは関係なく、利用しやすく診察時に対応もよく、腕が良い所を選びましょう。今後もまだまだ多くなるのではないかと言われているので、自分が長く通い続けていける所をじっくり吟味して探してみて下さい。

たくさんあるからこそ、自分や家族の歯の状態に合った、相談しやすい身近な歯科が選べるのだと前向きに考えてみるといいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です