歯科医院をやっていくための工夫

最近は、歯科医が過剰になっている世の中であり、折角自分で開業をしてやっていこうとしても、なかなか患者さんがつかずに廃業に追い込まれるというケースもあります。

実際のところ、日本にはコンビニの数よりも歯医者の数の方が多いとも言われます。それだけの需要がないにもかかわらず、歯医者をやっていくのはある程度の工夫をしていく必要があるのです。

今の開業医のやっている工夫としては、診療時間をなるべく患者さんが通いやすい時間帯にするということです。例えば、仕事や学校の帰りに寄りやすいように夜の8時や9時までやっているところも多いのです。

また、平日に休みをつくり、土日や祝日なども診療するところも多いのが現状です。そうすることで、なるべく多くの患者さんに来てもらえるようにするという狙いがあります。また、一般歯科だけでなく、ほかのジャンルも取り入れるような歯医者も増えています。

虫歯や歯周病、検診だけでなく、矯正の分野やインプラント、審美などをやるようにしているところも多いのです。中にはホワイトニングをしてくれるようなところもありますし、歯のクリーニングをしてくれるところもあります。

一度かかった患者さんには丁寧にハガキを送って、次に来院する検診の日を伝えたり、そういった時に歯磨き指導をしたり、そのまま継続してかかるようにいろいろな方法を使っていたりします。このように、歯科医院は生き残りをかけて、工夫をしている様子が窺えるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です