歯科医院へ行くタイミング

歯科医院にいいイメージを持つ人は少ないです。

大人になっても削る音や、独特の匂い、痛みなどに恐怖を感じてしまうこともあります。できれば行きたくない場所としての認識が高いですが、虫歯は放置していても自然に治ることはありません。

冷たい物がしみたり、歯に違和感があればすぐに来院した方が、簡単な治療で治すことができます。歯科医院に行きたくないからと言って、痛いのを我慢していると虫歯が神経まで進んでしまい、神経を取る治療が必要になります。

神経をとっても、歯の形は残りますが、神経のある歯と比べると、もろくなってしまいます。治療にかかる回数も増えてしまいます。また、虫歯は痛みなどの自覚症状がありますが、歯周病は痛みがないまま進んでいく病気です。

歯茎が腫れたり、歯磨きの時に血が出るようなことがあれば、歯科医院へ行きましょう。歯茎の腫れだけであれば、歯石を除去したり口の中を清潔にすることで状態は回復します。歯周病が進んでしまうと、歯を支える骨が吸収され、歯が抜けてしまうこともあります。

大人の場合であれば、半年に一回程度、痛みがなくても検診に行くといいでしょう。悪くなる前に虫歯や歯周病を見つけることができます。口の中を清潔に保つことは、歯の寿命を延ばすことにもつながります。

子供の場合は、大人より虫歯になりやすいので3カ月に度の検診がおすすめです。定期的に歯科医院へ行くことで、口の中に対する意識も高まります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です